since 2007.8 by K-ichi


幻日
7日夕方、虹が出ていた。

たいていは、雨後に太陽の反対側に出るが、今回は同じ方向。
沈む間際の夕日の左右、同じ高さに、大円の一部を切り取ったような七色がひとつずつ。どうも高層の雲による虹のよう……

Wikipediaによれば、これはかさもしくは、幻日というものらしい。
は、太陽と反対側に見え、弧の外側が赤色。太陽と同じ方向に見える光冠というものもあるが、これも外側が赤。今回見えたのは逆で、内側が赤。

太陽ごと撮影すると、露出が絞られて撮れないため、やっつけ遮蔽マスクを作ってみた。
レンズは28mm相当なので、太陽からの離角は20°余になる。内暈ないうんも、太陽高度が低いときの幻日も、だいたいそのあたりに見え、色の分かれ方も同じとのこと。



田んぼの中の虹

虹が生えているのは2km先

昨年12月21日の朝にも虹が見えた。こちらは正真正銘の虹。

上部が薄く、画としてはイマイチだが、虹が生えている場所は、わずかに2kmほど先。
思わず確かめに……行く気にならなかったのは、年末の追いこみで疲れていたせいか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ