since 2007.8 by K-ichi

7学年1班(칠학년일반ちらんにょん いるばん、7학년1반、ナナガク、七學年一班)、2年目に入った2015年。「하얀바람はやん ばらん」を発表した。「白い風」の意。


軍隊慰問公演でのパフォーマンス
ユファとセヒの相次ぐ怪我により、3ヶ月遅れの6月にカムバックした。
この曲は、80sに活躍したソバンチャというグループのリメーク。
ティーザー画像とは大きく異なったMV、よりフォーメーションを意識したダンス、サングラスをワンポイントに使ったステージパフォーマンスなど、新機軸を打ち出そうとしている様子が伺える。
……的なことが、나무위키なむうぃきには書かれている。

ティーザー画像とされるCDジャケットは、今までの学園ものコンセプトを一応受け継いでいる。不良軍団に扮し、ソジョンが番長でセンターを張る。ユファは女番、セヒは裏番、ウンシルは鉄砲玉か。
ところがMVでは一転、風になびく白いドレスで優雅に踊る。セグウェイっぽいものにも乗っているが、よく見ると3輪……
そしてステージパフォーマンスが、ここに貼ったもの。花畑ダンスっぽいのとか、MCハマーっぽいのとか、お立ち台扇子ダンスみたいなのとか、宝塚かマジックショーかみたいなのとか、なんだかもう盛りだくさん。

ジャケットでもセンターだし、タカラヅカも担当だし、前曲に引き続き、とりあえずソジョンがメインっぽい。

この原曲を歌っていたグループは、소방차そばんちゃという。漢字表記は「消防車」、曲は1988年のもの。YouTubeにも、当時のテレビ映像などがある。コンセプトとしては少年隊っぽいが、だいぶ緩~い感じ。
またこのグループの「어젯밤 이야기おじぇぱん いやぎ」は、日本では「オジャパメン」として知られている。

彼の国の懐メロのカバー曲ではあるものの、すっかり雰囲気を変えナナガクの曲になっている。
ちなみにライブでは、以前とり上げた룰라るーらの「3!4!」(1996年)や、엄 정화おむ じょんふぁの「페스티벌ぺすてぃぼる(Festival)」(1999年)などもカバーしており、その映像(3!4! / Festival)も公開されている。
日本公演なら日本の曲もやってくれればいいのに……と思っていたら、Kiroroの「Best Friend」を歌ったらしい。ただし、Victorにブロックされて映像は見られない。



Believeの公式MV
8月にALWAYSの2015年版をはさんで、11月には「Blieve」をリリースした。前回も触れたミニアルバムのタイトル曲。

普段着の女の子たちが歌う静かな癒しの、そして励ましの応援の曲。インタビュー記事でも、ヒーリングソングである、と言っている。
前曲と一変、ステージパフォーマンスも至極おとなしい。

サビの、난 너를 믿어なん のる みど 넌 나를 믿어のん なる みど……ぐらいしか聞き取れないけれど、「信じてるから」は折れた心には糧になるはず。
唯一と思われる和訳ページを見れば、癒しっぷりがよく解る。

ナナガクの楽曲は、J-POPにインスパイアされたものあり、懐メロのカバー曲あり。そして今度は、クラシックをモチーフにしたのではないか、という声がある。
エルガー作曲「威風堂々 第一番」の一節で、耳なじみの旋律。「希望と栄光の国」ともいう。
壮大なイメージのこの曲が、癒しになるのも面白い。

このMVには、メイキング映像もある。
ノリノリでワンガのNOBODYを歌ったり(0:10)、気合が入ったり(1:02)、気合が抜けたり(1:19)。また、チョコパイに集まったり(0:43)と、実に楽しげ。
チョコパイを手に登場するセヒには、「ジス姫様」と呼びかけている。普段は本名で呼び合っているのかもしれない。

ミニアルバムまで辿りついた2015年だが、翌2016年は新曲無し。アップされる映像などを見ると、どうもダンスカバーのような方面に向かっているらしい。
体育会系でしっかり動けているGGなので、雌伏の時、充電期間と思いたい。


……と、まとめたところで新曲teaserが発表された模様。
나를 기억해주세요なるる きおけじゅせよ」とある。私を憶えていてください。
ちょっと切なげな セヒ ユファの一声から、どんな応援ソングになっているのやら。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ